POSシステムの導入で経営の効率化を実践

img-1

POSシステムを導入することで経営数字をリアルタイムで把握していくことが可能になっていきます。小さな店舗ではPOSの必要性は感じていても、実際に導入となると躊躇してしまう経営者の方も多いです。
現実的には小規模店舗であっても、POSシステムを導入したほうが効率的な経営の実践は出来るようになっていくのです。



手書き伝票とキャッシュレジスタでの従来型経営では、忙しい時にミスが発生したり、誤記も発生しがちになってきます。
また、売れ筋商品の把握も迅速に行うことが出来ずに、販売機会を逸することも有り得るのです。
POSシステムを導入しておけば、店舗の売上状況がリアルタイムに把握出来るようになり、ミスが少なくなっていくだけではなく、常に適正在庫を維持できるようにもなっていきます。
手入力での営業形態では、閉店後の締め処理や月末の棚卸にも余計な時間がかかっていまいます。

購買システムの情報検索ができます。

長い営業時間の店舗で閉店後の締め作業に無駄に時間を割いてしまうと、従業員のモチベーションに影響も出てきますし、次の日の営業準備にも影響が出てくるものです。

また、アルバイトを多く雇用しているような店舗では、POSシステムを導入しておかないと、経営者の方が常に店で状況を把握しておかなくてはいけなくなってしまいます。

POSを導入しシステム化しておけば、オーナーの方が外回りに出ても、スマートフォン等でリアルタイムに店舗の状況の確認を行うことができ、売れ筋商品の追加発注等のオペレーションを実施していくことが可能になっていきます。

マイナンバー収集に関しての情報を紹介しているサイトです。

また、将来的にチェーン展開を考えているような場合にも、早期にシステム化を実践していたほうが良いです。
POSの導入により、売上管理から適正在庫の維持をしておくことは、従業員のオペレーションマニュアルを作成しておくのと同様に重要になってくることなのです。


導入にあたってコストが掛かると考えている方も、いまだに多いですが、最近はクラウド化が進んでいて、初期費用も最小限で済み、月額コストだけで運用できるPOSシステムが登場しています。



入力端末も専用のものでは無く、スマートフォンやタブレットのような、慣れ親しんだ操作性のもが多く出てきています。スマートフォンで注文を入力させることにより、アルバイト雇用の従業員への余分な教育も発生してこなくなり、短期間での実践導入が可能となってきます。



早期にPOSを導入することで、オーダーミスや在庫発注のミスを防ぐだけではなく、将来的なチェーン展開や、人員増加にも対応をしていくことが可能になっていきます。

http://www.nikkei.com/markets/ir/sys/redirect_ir.aspr?s=ir&f=http://www.nikkei.com/markets/&nik_code=00005754&click=INFOLIST&u=http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/150525.html

コスト的にも安く、すぐに導入が可能ですので、手入力とキャッシュレジスターでの店舗運営に限界を感じる店舗経営者の方は、代理店へ相談をしてみるのも良いでしょう。

http://matome.naver.jp/odai/2134557120350005301?page=2

店の動きと商品の動きをリアルタイムで把握できるようになるだけではなく、人件費の適正化も実施できるようになります。

http://matome.naver.jp/odai/2146910921002427101/2146911092103264103

早期に導入をして経営改善を実施しましょう。


関連リンク

img-2
介護サービス提供所が抱える経営問題とは

現代の日本においては、超高齢化社会がますます進んでいる現状があります。少子化問題や核家族化、単独世界の増加、晩婚化などの問題は十年以上前から大きな問題として取り上げられています。...

more
img-2
勤怠管理にタイムレコーダーが有益な理由

各企業において、それぞれの社員がしっかりと業績をあげるのか否かはとても大きな課題です。というのも、各企業とも長い不況の間に新規採用の雇用を抑えたり、大規模なリストラを敢行したことから、慢性的な要員不足に陥っています。...

more
top