勤怠管理にタイムレコーダーが有益な理由

img-1

各企業において、それぞれの社員がしっかりと業績をあげるのか否かはとても大きな課題です。
というのも、各企業とも長い不況の間に新規採用の雇用を抑えたり、大規模なリストラを敢行したことから、慢性的な要員不足に陥っています。


また、少子高齢化が進む中で、労働人口は年々減少している背景もあり、新規採用の拡大、中途採用枠の拡大、定年の延長など様々な対策は講じているものの、要員不足の解消は非常に厳しいのが現状です。


こういった状況の中で、一人ひとりが自分の役割を果たすことはとても重要ですし、現場管理者のマネジメントが重要になってきます。


その一方で、不払残業などの不適正事案の発生も、会社が解決すべき大きな課題です。



最近、増えている事例としては、上司から業務を命じられたものの、勤務時間内に遂行することができず、上司に相談しても冷たい対応をとられたり、遂行できなかったことを詰め寄られたりするため、誰にも相談できず、隠れて残業を続けた結果、体調を崩してしまい病気休暇や退職に追い込まれることもあります。
こうした不適正事案が発生すると、その会社には賠償責任が大きく圧し掛かるだけでなく、世間から糾弾することにもなります。

こうした事例を回避するために、各会社においては、勤怠管理に力を注いでいます。

勤怠管理とは、勤務時間内に社員がしっかりと実力を発揮できるようマネジメントしていくととともに、総労働時間を縮減し、不払い残業を根絶することです。



厚生労働省は、平成12年に社員の勤務時間を管理することは会社の責務であることを示しました。


すなわち、職場のマネージャーは社員個々の出勤時間及び退社時間を把握する義務があるのです。


しかしながら、現実問題として社員一人ひとりの出退勤時刻を把握することは不可能です。



そこで、注目されているのがタイムレコーダーです。

調達BPOの情報を公開しているサイトです。

タイムレコーダーと言えば、各社員が出勤や退社した際に、個々に配布されたカードをカードリーダーに通すことで、実際の出退勤時刻を客観的に記録することができるものです。



最近では、タイムレコーダーも進化してきており、社員に配布される氏名札などに個別データを管理するためのICコード等を埋め込み、その氏名札を事務室入り口に設置されたICリーダーに翳さなければ事務室に入れない仕組みになっている会社も少なくありません。


この方法であれば、社員の出退勤時刻は、正確に記録されますから不払い残業などの不適正事案は、かなりの確率で防止することができます。

http://girlschannel.net/topics/keyword/%E8%B3%83%E8%B2%B8

勤怠管理を行うことは、会社が責任を持って社員管理を行うことです。



社員管理が徹底されていない会社は、組織としての秩序が乱れ、業績の向上が見込まれませんし、社員のモチベーションを維持することはできません。


そういった意味でも、タイムレコーダーは勤怠管理を行う上で、とても有益な方法であり、今後、さらに様々な会社において導入されることが予想されています。



関連リンク

img-2
社長がGoogleMapsAPIを使う長所と短所

社長がGoogleMapsAPIを使うと、社員がすごいと褒めてくれる、機能の説明をすると偉くなった気分になるなどの長所があります。社長がパソコンを用いてGoogleMapsAPIの設定をしていると、おそらくですが社員がびっくりすると想定されます。...

more
img-2
POSシステムの導入で経営の効率化を実践

POSシステムを導入することで経営数字をリアルタイムで把握していくことが可能になっていきます。小さな店舗ではPOSの必要性は感じていても、実際に導入となると躊躇してしまう経営者の方も多いです。...

more
top