調達アウトソーシング

img-1

調達アウトソーシングではいくつかの効果が期待できますが、最も大きいのはやはり調達コストの削減でしょう。
これはスケールメリットを活かすことができるからというのが大きな理由であることは間違いありません。

世界的に見ても大規模な会社であればともかく、中堅企業、中小企業ではこの効果が大きく期待できます。一つの会社だけで物品の調達を行おうとする場合、数量も少ないですから、調達先の会社との価格交渉力が弱くなります。
というか弱くて当たり前です。

市場価格そのものというか、調達先の会社の付けた値段そのままで購入せざるを得ないことも多いでしょう。これが調達アウトソーシングを利用した場合、スケールメリットを活かすことが可能になります。


多くの会社から調達業務を請け負っている会社なのですから、その数量、購買額はそれこそ一つの会社とは比べものになりません。
それだけ調達先の会社との力関係も変わってくることになるわけです。
もちろん、単に力関係だけで買い叩いているわけではありません。調達アウトソーシングで受注している会社は、いわば調達のプロ集団であるわけです。
一例として挙げるならば、競争見積もりの実施ということがあります。
一つだけの調達先と交渉するのではなく、複数の調達先企業と交渉します。


複数の調達先から見積書を取り、納期や品質の面を確認しつつも、最もコストの安い調達先から購入することができるわけです。

なお、この点に関していえば、別に調達業務を大規模に受注している会社でしかできないプロセスでは決してありません。その気になればどんな会社であっても実施可能です。

もし、いろいろな理由から競争見積もりを実施していない会社があれば、試しに競争見積もりを実施してみることをお勧めします。


これまでの付き合いとか、他に適切な調達先が見つけられない、競争見積もりをしたいのは山々だが、適切に実施できる人員もいなければ時間もないなどといった理由で、漫然と従来の調達先からの調達を続けているという会社は多いのです。

そういう会社であれば、多少の手間ではあっても、何とかして競争見積もりのプロセスを、たとえ一部だけでもよいから導入してみましょう。明らかなコスト削減効果が達成できるはずです。


調達業務をアウトソーシングするメリットの最も大きなものはコストかもしれませんが、別にそれだけではありません。


例えば事業の立ち上げ時期で適切な人員が社内にいないということもあるでしょう。
何も調達業務だけに限った話ではないかもしれませんが、立ち上げ時期であればなおのこと自社の人員はコア業務に集中させる必要があります。調達といった間接的な業務にまでなかなか手が回らないということも多く、そういう場合にはアウトソーシングが役に立ちます。


さらに、社内で適切な人員がいたとしても、アウトソーシングすることで人件費その他の固定費の削減につながりますし、その人員を社内のよりコアな業務に就かせることも可能です。

あなたに合った調達アウトソーシングの情報を公開しています。



携帯アドレスの販売の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。



cdの朗読の情報が必ずあります。

http://www.47news.jp/photo/1500318.php

http://www.sankei.com/economy/amp/161101/prl1611010301-a.html

http://okwave.jp/qa/q9126271-professional.html

関連リンク

img-2
飲食店を経営する時の注意点

会社の早期退職制度を利用して飲食店を開業する人が増えています。他の業種と異なり未経験でもやる気があれば誰でも始めることができるのが魅力なのです。...

more
img-2
マイナンバーのアウトソーシングで人事部の工数削減

マイナンバーは住民票に基づいて割り振られた国民番号であり、行政機関はこの番号によって個人を特定できます。行政サービスの充実を目的として導入されたのですが、特定個人情報として、通常の個人情報よりも厳格な取り扱いをすることが法律で義務づけられており、違反した企業には重い処罰が下される可能性もあるのです。...

more
top